キャッシング情報

学生ローン大全では学生ローンの情報をメインにお届けしていますが、一般の社会人向けにキャッシングを全般に解説するものをご紹介したいと思います。キャッシングBANでは、大手消費者金融会社の金利や返済方法などを詳細に掲載し、その他改正貸金業法の改正内容を詳しく解説する消費者金融業界の専門サイトです。
利用者にとって重要なポイントは、「総量規制」の導入開始ではないでしょうか。
総量規制は多重債務者の保護を目的とした重要案件ですが、裏を返せば借りにくくなるものでもあり、ヤミ金への流出活性化や、広い範囲で見ると日本の経済情勢にまで悪影響を及ぼす可能性さえあると言われています。総量規制とは年収の3分の1を超えるキャッシングができなくなるものですが、これが果たして消費者にとって良い事なのかどうかは不透明なところです。
良い方向へ向かう事を考えた場合、「もう借りられない」と観念した人が無駄遣いを控え、地道に借金を返済していくという状況でしょう。

しかし、果たしてそう簡単に物事がすすむでしょうか。
仮にそうなったとしても物が売れない現象が起こり、不況にますます追い討ちをかけ、経済的な衰退が加速することが懸念されます。
では、そうならなかった場合はどうでしょうか。
実は「そうならない」方へ進むであろうと考える学者や専門家が圧倒的に多いのです。
「そうならなかった場合」は、どのような現象が考えられるでしょうか。
まず、借りられない人々は、多少条件が厳しくても貸してくれる業者を必死で探すでしょう。
それがヤミ金です。今ではネオヤミ金と呼ばれる新手の業者が、ヤミ金としては低金利?で貸しつけ、これが大繁盛しているというニュースをテレビで見ました。
このことは金融新聞でも報じられ、ヤミ金を排除する目的の貸金業法が、逆にヤミ金を勢いづかせるという皮肉を招いているのです。
とりわけキャッシング業界の体質改善と、貸金業法の見直しが早急に必要なのではないでしょうか。

サイト内関連記事

キャッシング利用者の統計情報
平成19年2月、全国信用情報センター連合会(全情連)は、金融庁の依頼を受け、キャ......

▲このページのトップへ